【大学生の皆さんへ】貴重な時間、どう使いますか?

f:id:minaya8859:20201127211342j:plain

 


こんばんは、渚です。

 

 

もう大学を卒業して2年経とうとしているので、

大学がいつ頃から休みに入るのか忘れてしまいましたが、

(たった2年で忘れるなよって感じですよね)

もう少しで冬休みに入る頃でしょうか?

 

 

 

理系の方は分かりませんが、

文系の方であれば大抵のテストはどうにかなるでしょう。

私も文系で、4年間1つも単位を落とさなかったくらいなので。。。笑

 

 

 

『人生の夏休み』

なんて言われる大学生活の中で、

長期休暇は皆さん大好きですよね。

 

講義ないから朝はたくさん寝れるし、

友達ともたくさん遊べて自分の好きなことが

たーくさんできる。

 

 

 

 

 

今回は、そんな学生生活を謳歌している

大学生の皆さん、特に文系大学生の皆さんに

少し厳しめなお話をします。

 

 

 

これから楽しみな行事がたくさん!

ってときにごめんなさい。笑

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

 

 

❀自分は別になんとかなるだろう

 

f:id:minaya8859:20201127211458j:plain

 

 

 

私が大学生のとき、周りの人たちを見ていて、

すごく楽観的だなあといつも思っていました。

 

 

学校に来ている時点でいいじゃん

と思うかもしれませんが、

学校に来た目的が友達と話すとかで

授業に来ているのに寝ているっていう

謎な人もいました。

 

 

 

 

本当に、多くの人がなんとなーくで

進学したんだろうなぁって思って。

 

 

 

 

なんとなく進学したのは私も同じだったので、

あまり周りの人のことをとやかく言えませんが。。。笑

 

 

 

 

でも、きっと多くの学生が

ネームバリューだけで選んだり、

とにかく受験して合格できた大学に

とりあえず進学したっていう感じだと思うんですね。

 

 

 

 

 

社会人になってインターネットビジネスに出逢い、

今でこそ自分の夢ややりたいことを追いかけられていますが、

大学時代の自分に今何かを伝えられるなら、

確実にこう伝えます。

 

 

 

『本当に人生それで楽しいの?』

 

 

 

 

 

ほとんどの大学生はこの質問を聞いたら

『楽しい!』と答えるとおもいます。

私の周りの人たちは本当に楽しそうでしたから。

 

 

でも、当時の私なら『楽しい』と言えなかったと思います。

だって、将来に対して常に不安だったから。

そして、どんなに努力したって、世間を上手く渡る人たちと

どうせ同じように評価されると思っていたから。

今思えば、ひねくれていましたね。笑

 

 

 

 

 

 

テスト期間に入れば

『うわ~、テストめんどくさ。』

という愚痴ばかり。

 

 

 

 

愚痴ばかり言って勉強せずに

テストが始まったら、スマホをこっそり見て

カンニング

 

 

 

 

 

スマホを見ずに、

しっかりとカンニングペーパーを

用意しているような人もいました。

 

 

 

 

そういうのをがっつり見ていなくても、

不自然な下の向き方していて

横目で見て分かるんです。

 

 

 

 

『あー、この人今カンニングしてるな。』

 

って。

 

 

 

 

 

別に私はそれに対して

特に口出しするつもりもありませんでしたが

 

そうやって大学に通って何の意味があるの?

 

と思ってました。

 

 

 

 

冷静に考えてそうじゃないですか?

もちろん、単位を取らないと大学というのは

卒業できません。

 

 

 

でも、

 

あなたたちが生きている意味ってなんなの?

 

って。

 

 

 

 

 

とにかく大学を卒業することなんですか?

って毎回思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

きっと大学に通っている目的は

就職の幅を広げるためとか、

就職に有利だからということだと思いますが、

テストでカンニングして単位を取っているような人を

会社側が使いたいと思いますか?

 

 

 

 

 

もし仮に、あなたが社長や人事担当になって

答えを見ないと何もできないような社員がきたら

どうしますか?雇いますか?

 

 

 

 

そんな人に、自分の会社の売り上げから

給料を払えますか?

 

 

 

 

 

 

今後、というよりももう既に終身雇用は

厳しくなっています。

経団連の中西会長だってはっきりと言っていましたよね。

 

 

 

 

 

パナソニックNEC

大手企業も大量のリストラを

5年や10年前から既に行っています。

 

 

 

 

 

そのリストラの対象ってどんな人だか

分かりますか?

 

 

 

 

45歳以上の正社員とかなんですよ。

 

 

 

 

私たちがしっかりと大人になって、

それこそ結婚して子供がいるかもしれない。

その子供が中学や高校に通い始める頃です。

 

 

 

子供にとってそんな大切な時期に、

リストラされたら?

学費だって払えない。

明日の生きるお金だってあるか分からない。

 

 

 

 

 

情けなくて、

家族に顔も合わせられなくなってしまう

のではないでしょうか。

 

 

 

 

 

でも、こんなこと言っても

今信じている人はほとんどいない。

 

 

 

 

『この人何言ってんの?』

って怪しい目で見られるか、

後ろ指さされて笑われるだけ。

 

 

 

 

 

それと同時に、

『別に自分ならなんとかなるでしょ~。』

と思っている人が多すぎる。

 

 

 

 

 

これを希望的観測とか言ったりしますが、

自分の経験していないことだと

自分には起こらないと思ってしまうのが

人間の脆さ。

 

 

 

 

『今までも色々どうにかなってきたし、就活なんてどうにかなるでしょ~』

と言っていた友人が、今ではブラック企業

勤めています。

毎日朝早くから夜遅くまで働いて、次の休みも分からない。

残業代だってちゃんと払ってもらえない。

会えば毎回『辛い』というのが口癖。

 

 

もちろん、企業というのは入ってみないと

分からないというのも事実です。

でも、もっと企業研究していれば、

もっと自己分析していれば

こんなことにはならなかったかもしれないのに。

まさか自分がこんなことになるとは思っていなかったと

いつも言っています。

 

 

 

 

 

人間って、怠け者。

自分は別に大丈夫と思ってしまう。

 

 

 

 

ですが、ダメになってから準備しようとしても

遅くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

リストラされてから

仕事探すのでは遅くないですか?

 

 

 

 

 

 

もし45歳でリストラされてしまったら、

自分なんかよりも体力があって物覚えもいい

若い人たちと勝負しないといけません。

特別な技術や知識があるなら別としても、

年が上がってからの再就職というのは

想像以上に難しいです。

 

 

 

 

 

ちなみに、ずっと45歳以上がリストラされると言っていますが、

そこにも理由があって、

“ちょうど幹部になるくらいの年齢だから”

なんです。

 

 

 

幹部になれば、

それだけ給料も多く払わないといけない。

 

 

 

会社側としては人件費が増えるわけなので、

結構、痛手なんですよね。

 

 

 

 

 

だから、幹部に上げる前に

リストラしてしまう。

 

 

 

 

それまでその会社の為に時間も労力も使ったのに

シビアな世界ですよね。

でも、これが現実です。

 

 

 

 

 

 

『大企業に就職したから、もう大丈夫!人生安泰!』

と思っていた1万3000人のパナソニック社員が

リストラされているような世の中です。

 

 

 

本当に、厳しい世界なんです。

 

 

 

 

❀就職=安定は時代遅れ

f:id:minaya8859:20201127211831j:plain

 

 

 

 

それでもまだまだ、

就職しないといけないという風潮

根強いですよね。

 

 

 

 

 

それも教育に原因があるというか、

私たちの親世代が実際にそうだったから

なんです。

 

 

 

 

 

今の40歳~50歳代の方たちは

バブル経済の真っただ中に就職している。

 

 

 

当時の経済の潤いというのは凄まじかったので、

当然給料も高かったわけです。

 

 

 

ですので、経験上

就職=安定というのは

普通だと思っているんです。

 

 

 

 

 

そんな親の元で生まれてきた私たちは、

当然就職をもの凄く推奨されます。

 

 

 

 

もう、本当に耳にタコができるほど言われました。

 

 

 

 

 

 

知ってますか?

1994年までは定年は55歳だったんですよ?

 

 定年退職の平均年齢。かつては55歳が主流。現在は? [定年・退職のお金] All About

 

引用元:All  About(2020.11.27)

 

 

 

2002年から2017年の15年間で

手取りが50万円も減っているんですよ?

 

同じ年収でも「手取り」は15年下がり続けている | サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65 | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp) 

 

引用元:DIAMOND

 

 

 

私たちが知らないだけで、

生きづらい世の中に刻々となってしまっている

わけなんです。

 

 

 

 

本当に、無知って怖いですよね。

知らないだけでもの凄く損している

と思いませんか?

 

 

 

 

バカバカしくすら思えてきますよね。

 

 

 

 

年金問題だってあるし

いろんなツケが回ってきていて

本当にこれからどうなるんだろうって。

 

 

 

 

 

でも、私たちが戦っていけないわけでもないんです。

 

 

 

 

というよりも、

いつの時代でも勝ち残っている人というのは

こんな生き方をしています。

 

 

 

 

 

❀強い人が勝つんじゃない。時代の変化についていける人が勝つ。

 

f:id:minaya8859:20201127212105j:plain

 

 

 

結局、勝つ人というのは

もともとのスキルではなく

時代の変化についていける人なんですよね。

 

 

 

 

 

 

本当にそうで、極端な例でいうと

恐竜がこの時代に生きていないのは

時代の流れに付いていけなかったから。

 

 

 

 

もし恐竜1体と人間一人だったら

圧倒的に恐竜の方が強くないですか?

 

 

 

 

たぶん、通りかかっただけで

潰されてしまいますよ。

 

 

 

 

 

 

でも、今この時代では

ある意味、人間が食物連鎖の頂点に

立っている。

 

 

 

 

 

 

これはなぜか。

時代の流れに乗れているからですよね。

 

 

 

 

 

 

京セラの元会長で、KDDIの創設者でもある

稲森和夫さんも

『今後は携帯電話が爆発的に普及する!』

と時代の流れを読んだから大成功した。

 

 

 

もちろん当時

稲森さんのそんな話に耳を傾ける人何で

ほとんどいなかったそうです。

 

 

 

 

1人、自分の意思を貫いて

成功を掴んでいる。

 

 

 

 

ちなみに余談ですが、

中国Eコマースの大企業である

アリババという会社は、

中国:『独身の日』に売り上げがアイルランド

国家資産を抜いてしまったみたいですが

 

 

アリババの社長のジャックマーが

稲森さんを心底尊敬しているそうです。

 

 

 

 

 

それに、日本航空JALって

今ではもの凄い企業ですよね。

誰でも知っているような会社ですが、

実は一度倒産しかけていたことも。

 

 

 

 

その時、稲森さんがコンサルして

一気に売り上げを伸ばしていって

今のJALがあります。

 

 

 

 

それだけ凄い人だということを

知ってもらえたらいいのかなと思いますが、

やはり上手くいっている人というのは

変化に強いんですね。

 

 

 

 

人は基本、変化することを嫌います。

 

 

 

これは友人から聞いた話ですが、

 

友人のお父さんが転勤族の方で、

小学生になる頃までいろんな場所を転々と

していたそうです。

 

 

転勤があるたびに新しい環境に身を置かれるわけですが、

子供だった当時は本当に辛かったそう。

 

 

 

せっかく3年間一緒にいて

やっとできた友達とすぐに

別れないといけない。

 

普通に考えても、辛いですよね。

 

 

 

 

友達であれ、恋人であれ、家族であれ

別れる瞬間は心が痛むもの。

 

 

 

 

それでも、そういった変化に心強く持って

対応していく。

 

 

これが本当に大切だと、教えてくれました。

 

 

 

 

 

誰しも、上手くいく方法というのは

知っています。

 

 

本当はこれをすれば

もっと人生上手くいくんだろうけど

でも面相臭いしやめとこ。

 

とか、

 

別に今じゃなくてもよくない?

 

とか。

 

 

 

 

それでも、自分の意思を強く持って

分かっているなら早めに行動する必要があります。

 

 

 

 

よくよく思い出してみてください。

これまでの人生で、後回しにしたことで

良いことなんてありましたか?

 

 

 

 

夏休みの宿題、遊び呆けて

毎回最後まで残してしまって

辛い思いしませんでしたか?

 

 

 

 

 

それと同じことだし、

今回の場合は、宿題とは訳が違って

今後の自分の生活が関わってくるんです。

 

 

 

 

 

だから、手遅れになった途端、

もうゲームオーバー。

 

 

 

 

まずは知識を付けて、

危機感を持って、

行動していきましょう

 

 

 

 

❀最後に

f:id:minaya8859:20201127212310j:plain

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

『この人、なんかむかつくな~。イライラする~。』

 

と思いましたか?

 

 

 

 

 

それでいいんです。

図星を突かれてイライラするということは

本当はそこに自分も行きたいという気持ちの表れ

でもあるので。

 

 

 

 

 

私だって最近、

作業をさぼり気味で、

先輩経営者の方にご指摘を受け、

いけないと思いつつもイライラしてしまいました。

 

 

 

 

でも、そこから反省して

今は一歩ずつ前に進んでいます。

 

 

 

 

心の中では、

『このままではダメだ』

と気付けている証拠。

 

 

 

 

それだけも、本当にすごいです。

これに気付けない人が

ものすごく多いんですから。

 

 

 

 

ぜひ、たくさんの時間がある学生生活、

突くに長期休暇という最高の時間を存分に

有効活用してもらい、今後の活躍への一歩へと

していただけたらと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

大きな夢、持ってますか?

f:id:minaya8859:20201125231813j:plain

 


こんばんは、渚です。

 

 

 

あなたの夢は、何ですか?

 

 

 

 

この質問に対して

明確に答えられる人は

どれだけいるんでしょう。

 

 

 

ちなみに、私の夢は

 

・コロナが収まったら、京都や箱根などゆっくり休めるような場所に

 家族と旅行に行って、今まで沢山支えて見守ってくれた両親と兄に

 恩返しすること

 

 

・世界を旅すること

 

です。

 

 

 

 

このように、

具体的な夢を語れる人は

どれくらいいるんでしょうか。

 

 

おそらく8割方いないんじゃないかな。

私が大学に通っているときも、

夢を語っている人なんていませんでしたし、

会社に入れば明日の売り上げ、今月の売り上げと

口が開けば売り上げや業務のことばかりでした。

 

 

 

 

 

夢を持つって何となく抵抗があるというか、

想像できないかもしれませんが、

あるとないとでは大違いだと私は思います。

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、

なぜ夢が重要なのか?

というお話をしていきたいと思います。

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

 

 

❀夢=人生の目的地

 

f:id:minaya8859:20201125232122j:plain

 

 

まず、大前提のお話をしますが、

私にとって

夢というのは人生の目的地

だと思っています。

 

 

これをベースにお話ししていきたいと

思うんですが、

何事も目的地がないと

もの凄く怖いと思うんです。

 

 

 

例えば、

『人生は旅だ』

という表現をする方がいますよね。

私も、本当にそう思います。

この言葉をお借りすると、

 

 

 

旅に出るときって、大体は

あらかじめ目的地が決まっていますよね?

(ただただ自由に、行き先を決めずに旅をされている方もいるかもしれませんが。)

 

 

 

空港に行って

乗る飛行機分からない

なんてこと絶対にないじゃないですか。

 

 

だけど、もし目的地も定めずに

なんとなーく人生を歩んでいたら

こんな感じになってしまうわけです…。

 

 

 

 

ーーー

 

 

よーし!

成田空港着いた~!!

 

 

凄いいっぱい飛行機ある!!

 

 

 

 

あれ、あの飛行機…。

 

 

 

 

え、待って。

なんかオシャレだしめっちゃ可愛い!

 

 

 

中もインスタ映えしそうだし

この飛行機に乗っちゃおう!!!

 

 

「当機にご搭乗いただき

誠にありがとうございます。

シートベルトをお締めください。

まもなく離陸いたします。」

 

 

 

 

 

(搭乗&離陸)

 

 

 

 

うわ~!

やっぱり内装もオシャレで

めっちゃ写真映えする!

インスタにいっぱい投稿…

 

 

 

 

あれ、いやでも待って。

この飛行機ってどこに行くの…?

 

 

 

周りに乗ってる人も

なんかあんまり楽しくなさそうだし…。

 

 

この後私、どうなっちゃうんだろう…。

 

 

ーーー

 

 

 

いやいや、こんな人生歩むわけないじゃん。

適当に飛行機乗るとか相当バカやな。

 

 

 

 

と思ったあなた。

ほとんどがこんな生き方ですよ。

 

 

 

 

だって、

 

なんとなく周りが受験してて

なんとなく大学行って

なんとなく就活して

なんとなく就職する

 

 

 

 

あなたの人生の目的地は就職なんですか?

という話なんですよね。

 

 

 

 

もちろん、就職してあなたの夢がかなうなら

それでいいと思います。

何も、就職を真っ向から反対するつもりはないし、

就職したうえで夢を追っているのであれば

全力で応援したい。

 

 

 

 

 

ただ、サラリーマンで夢を叶えている人って

ほとんどいなくないですか?

 

 

 

 

仮に、夢が世界一周だとして、

サラリーマンの方が

 

 

『部長!すみません!

明日から世界一周してくるんで、1年休ませてください!』

 

 

なんて言ったときにはもうただじゃ済まないですよ。

 

 

いやいや、お前何言ってんの?

仕事しろよ!

 

って言われるだけです。

 

 

 

 

今の社会というのは

就職して、夢がかなうような

甘い世界ではないんです。

 

 

 

❀目的地が決まったら?

f:id:minaya8859:20201125232326j:plain

 

 

 

 

でも、もし目的地が明確になれば

絶対に手段も明確にすることができます。

 

 

 

 

例えば、

私の両親は、今私が住んでいるところからは

車で2時間くらいのところに住んでいるんですが、

 

 

ーーー

 

明日は一日休みや!

 

実家に帰ろう!

 

 

(家を出て・・・)

 

 

「よし、行くか~。」

 

 

 

チャリンチャリ~ン🚲

 

ーーー

 

 

なんてやってたら、

ヤバいですよね。

(サイクリングが趣味の人だったら、ちょっと分からないけど。。。)

 

 

 

【実家】という目的地が明確になれば、

おのずと

【車】という手段が明確になります。

 

 

 

 

これを、人生に置き換えてみましょう。

 

 

 

 

人生の目的地である

【夢】が明確になれば

それを叶える手段である

【生き方】【働き方】が決まる

わけです。

 

 

 

 

私の夢は、初めにも言ったように

家族と沢山旅行に行くことです。

ちなみに、旅費は私の全額負担。

 

 

 

ただ、普通の社会人のように

週5で働いて一人暮らしをしながらお金を貯めようと思っても、

限界があります。

 

 

 

 

だから、

『じゃあ、会社に縛られないために自分でビジネスをしよう!』

と、生き方を決めることができます。

 

 

 

 

もう一つの夢もそう。

 

 

 

私は大学生の時、海外に全く興味がなくて

一度も旅行にいっていませんでしたが、

社会人になって本当に後悔しました。

 

 

なんせ、時間もお金もない。

有休をとるにしても、何日もは取れないし、

周りに気を使わないといけない。

 

このまま働き続けて、定年を迎えてから行くとなっても

体が元気かもわからない。

 

 

 

だから、時間もお金も得るために、

自動的に収益を確保できるように

仕組みづくりとスキルを身に付けてたい

と決めたわけです。

 

 

 

 

 

目的地が決まれば、手段はおのずと決まっていきます。

 

 

 

 

 

でも、本当に多くの人は

夢を持たずに毎日なんとなーく

生きているわけです。

 

 

 

 

 

❀もっと素直に

f:id:minaya8859:20201125232439j:plain

 

 

 

だって、

『あなたの夢は何?』

と聞かれて、答えられないじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

言い方を変えて、

『将来何をやりたいの?』

と聞いても、

 

 

 

『公務員かな~』

 

って。

 

 

 

 

 

『いやいや、あなたの人生の目標は

公務員として働くことですか?』

 

 

って毎回思うし、

毎回残念に思います。

 

 

 

 

 

 

可能性が無限にあるのに。

 

 

 

 

 

 

本当ですよ。

可能性は誰でも無限です。

 

 

 

 

 

 

だって、

 

👤{片目5000円で売ってくださいよ~。」

 

って言われて、あなたは売りますか?笑

 

 

売らないですよね。

 

 

 

 

👤{じゃあ、片目1億円で!

 

 

と言われたら

どうですか?

 

 

 

 

絶対売らない!という人もいれば、

少し悩む人もいるかもしれません。

 

 

 

 

だって、大卒の生涯年収がだいたい

2億5000万円くらいなので

一生働けば全然稼げる値段なわけです。

 

 

 

 

 

 

『1億円で売って?』

と言われて悩むということは

それだけの価値があなたにはあるし

それだけの可能性もあなたに秘められている

わけです。

 

 

 

 

 

 

ですので、ぜひ

夢をもってください。

 

 

 

 

『いや~、夢なんて見つからないよ~。』

と言っている人。

自分の胸に手を当てて、よく自分を

見つめてみてください。

 

自分の気持ちに、嘘をついていませんか?

蓋をしてしまってはいませんか?

 

 

 

 

もっと素直になりましょうよ。

 

 

 

 

 

欲をいえば、

 

明日の会社休んで、1日中寝たくないですか?

 

学生の方であれば、バイトなんて行かずに

月20万円とか稼ぎたくないですか?

 

 

本当はやりたいこと、理想の姿があるけど

それを見て見ぬふりして

結局、夢を見つけられない

というのが、ほとんどの理由なんです。

 

 

 

 

ちなみに、夢というのは

 

○○になる

○○の仕事に就く

 

みたいに、ピンポイントで何かになろうと

しなくてもいいんですよ。

私も、大学生の時にこのタイプの夢ばかりを

探そうとして、凄く苦しみました。

 

 

なにかになろうとしなくても、

どう生きたいのかというのを夢にしたっていいんです。

 

 

 

 

素直になれば

夢は誰だって見つかるし、

それを叶えられないなんてことは

絶対にありません。

 

 

 

 

もちろん、夢なので

すぐには叶いません。

 

 

 

 

 

それでも、継続して取り組めば

叶わない夢なんてきっとないんです。

 

 

 

だって、人間は

イメージできれば

何でも現実に起こせる

もの凄く面白い生き物ですので。

 

 

 

 

 

あなたが鮮明に描けている範囲の夢であれば

現実的なわけです。

 

 

 

 

なので、とにかく素直になって

まずは夢を見つけてください。

 

 

 

 

 

本気で叶えたい夢を持ってください。

 

 

 

 

そうすれば、生き方が変わるし

将来への漠然とした不安というのも

確実に消えていきますよ。

 

 

 

 

❀最後に

f:id:minaya8859:20201125232728j:plain

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

夢を語る人なんて胡散臭い、うざい

と思う方もいるかもしれませんが、

どんな分野の成功者も

常に自分の夢を語っています。

 

 

 

『絶対に自分はこれを叶える!!』

と。

 

 

 

 

だから、彼らはどれだけ辛いことを経験しても

ブレずに夢を叶えるまで継続して取り組むことが

出来るわけです。

 

 

 

 

 

ぜひぜひ、繰り返しになりますが

夢を持ってください。

 

 

 

 

あなたの人生が夢によって

大きく変わることを楽しみにしています!

 

 

 

最後に、

映画界の巨匠、スティーブン・スピルバーグ

明言をお送りし、終わりにしたいと思います。

 

 

 僕は夢を夜に見るんじゃない。

一日中、夢を見ている。

生きる糧として、夢を見ている

スティーブン・スピルバーグ

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

情報販売?怪しすぎ…。

f:id:minaya8859:20201125205316j:plain

 

 


こんばんは、渚です。

 

 

 

 

『情報販売?怪しすぎない…?』

 

『どうせ全部詐欺なんでしょ?』

 

 

 

 

初めに言っておきますが、

私はインフォプレナーといわれる

情報販売をする者です。

 

 

 

ですので、冒頭のような言葉を

よく浴びてます。

 

 

 

 

世の中にあまり浸透していないので

仕方ないですし、あまり気にしてはいないのですが、

 

なぜ情報販売が怪しいのか?

 

ということを理解しているので、

そのあたりをお話していけたらと思います。

 

 

 

そして、その原因を紐解いて

『自分も情報販売やってみたいな。』

とあなたが思うところまで

持っていきたいなと思います。

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

 

❀情報は目に見えない

 

f:id:minaya8859:20201125205534j:plain

 

情報販売がなぜ怪しいのか?

 

その要因の大半を占めるのは

価値が目に見えない

ということだと思います。

 

 

 

最近になって

モノだけでなく

サービスにもお金を使うようにはなってきましたが。

 

 

 

 

 

例えば、

ライザップのような

ダイエットするためのサービスであったり

 

 

受験サプリのような

オンラインスクールであったり。

 

 

 

 

あのようなサービスも

立派な情報販売です。

 

 

 

情報販売というのは、

ベースは教育事業なんです。

 

 

 

 

それでも、仕方ないといえば

仕方ないんですよね。

 

 

 

実際、食べ物とか家電とか家具とか

目に見えるもの(商品)のほうが、

『いくら価値がありそうか?』

ということを測りやすいです。

 

 

 

キラキラ光ってるからとか

大きいからとか

包装がしっかりしてるから

価値がある!!という具合で。

 

 

逆に、

目に見えないもの(サービス)は

『価値がどれだけあるのか?』

が分かりづらい。

 

 

 

つまり、渡したいTが生きている中では

目に見えるモノを買うことが圧倒的に多く

目に見えないモノを買うことは珍しいため、

思考にロックがかかってしまうんですね。

 

 

 

『怪しすぎる、絶対詐欺じゃん。。。』

 

 

みたいに。

 

 

 

 

 

 

❀知識や情報は一生分の資産

 

f:id:minaya8859:20201125205921j:plain

 

 

情報販売がなぜ怪しいと思ってしまうのか、

その要因の大半を占めるのが、

『価値がどれだけあるのかわかりにくい』

ということをお話ししました。

 

 

 

 

 

しかし、それだけの理由だったら

ここまで『詐欺だ。』などと

広まることはないですよね。

 

 

 

 

いずれは誰もが、

本来の価値に気付くはずなので。

 

 

 

 

 

そうです。

他にも理由があるんですね。

 

 

 

 

もう一つの理由として挙げられるのは

すぐに消費できるものではない

ということです。

 

 

 

先ほども言いましたが、

私たちは基本的に

形のあるモノ(商品)にお金を使います。

 

 

 

飲食物、洋服、家電などなど。

 

 

 

それらって、買ってすぐに

消費する・使用することが

できるんですね。

 

 

 

 

 

普段からそういった消費形態に

慣れてしまっているので、

すぐに消費することが出来ない情報

には

 

 

『なにこれ、不良品じゃん。』

 

 

と決めつけてしまうわけです。

 

 

 

でも、情報や知識というものは

当たり前ですが

すぐに自分のものにはなりません。

 

 

 

 

 

一夜漬けで

東京大学に合格するなんてことはないですよね。

 

 

 

 

そこから分かる通り、知識というのは

時間をかけて初めて

自分のものになる

んです。

 

 

 

 

継続して学習し、

完全に自分のものにするもよし。

 

 

 

挫折して放置していても、何年後かに

『そういえば、あんなことをしたな。

今思えば、あれもいい経験だったな。』

と自分の人生の糧にするもよし。

 

 

 

知識や情報は、すぐに消費できません。

 

 

 

すぐに買った分の対価を得られるわけではありません。

 

 

 

 

しかし、すぐに消費できない代わりに

一生分の資産に生まれ変わります。

 

 

 

 

一度自分のものになったら

一生消えることはありません。

 

 

 

 

一生使い続け、

ある意味、一生消費することが可能です。

 

 

 

このような情報・知識のメリットデメリットを

把握すれば、本当に情報販売というものが

一色単に『怪しいのか?』

言えなくなるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

❀結果が出ないもの

f:id:minaya8859:20201125210304j:plain

 

 

そして、3つ目。

 

 

これも

情報販売=詐欺と思われる原因ランキング 

トップ3に食い込むのではないでしょうか。

 

 

それが

結果を出すことができない

ということ。

 

 

例えば、

 

『このジムに入れば、

 

1か月後には6つに割れた腹筋が手に入ります!!』

 

と言いつつも、

 

1か月後、結果が出なかったが故に、

 

『全然割れないじゃん、、。

全部嘘じゃん。詐欺じゃん。』

 

 

という状態になるわけです。

 

 

もちろん、根本的にノウハウ自体がダメダメだったら

詐欺になるのは当たり前です。

 

 

しかし、ノウハウというのは

基本的には大差ありませんし、

理にかなっているものばかりです。

 

 

 

ライザップだって

あれも一種の情報販売ですが、

実は入会して結果を出せた人というのは

2割程度です。

 

 

 

 

 

じゃあ、結果が出せない人は

何がいけないのか?

 

 

 

それは結局、

気持ちなわけです。

メンタルなんですよ。

 

 

 

ノウハウというのは、

それ以上もそれ以下もありません。

 

 

 

それに対して、

 

 

気持ち、メンタルというのは

その人によって上下します。

 

 

 

 

大学受験の予備校なんて

典型的な例ですよね。

 

 

 

 

 

有名な講師がたくさんいて、

その方々が提供する勉強法などは

超一流。

 

 

 

東大生だって、バンバン輩出している。

 

 

だけど、皆が皆

東大に入れるわけではない。

 

 

 

成績にバラつきがある。

 

 

 

 

それはやっぱり、

生徒の気持ち的な問題なんです。

 

 

 

同じ先生・講師から学んでいるのに

生徒によってバラつきがあるのは

生徒自身の気持ちに問題があるんですよね。

 

 

 

 

そのため、ネットで流れている

情報には一喜一憂せずに

自分が学びたい人・分野が見つかったら

全力でぶつかってみてください。

 

 

 

 

 

あなたの気持ちが強ければ、

大抵上手くいきますから。

 

 

 

 

 

 

そして、

この情報販売、コンテンツビジネスの世界でも

同じことで、

特別なノウハウというのは存在しません。

 

 

 

 

結局、やるか・やらないか。

 

それだけなんです。

 

 

 

 

 

逆にいえば、

やらない人が多すぎて

私としてはラッキーですが。

 

 

 

 

やれば確実に結果が出ますので、

ぜひ行動に移し、それを継続すること。

 

それを意識して情報販売というビジネスに

取り組んでみてください。

 

 

 

❀最後に

f:id:minaya8859:20201120224518j:plain

 

 

情報や知識の本当の価値を知っている人は

やはりいい生活を送っています。

 

 

一度のコンサルティング(情報販売の一種)で、

大学生が1000万円もらうことだってあります。

 

 

 

 

ビジネスの世界では、しょっちゅうあることです。

 

 

 

でも、そのコンサルティングを受けた側は

逆に感謝しています。

 

 

 

1000万円以上の価値を受け取ったからです。

 

 

 

 

 

この記事を読んでも、

情報販売に対する嫌悪感を拭えない方は、

そういった世界からは足を引きましょう。

 

 

 

ただ、正しく理解していれば、

見えてくる世界もあるよということだけ

頭の片隅に入れておいてください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

勝てるバトルフィールドを

 

f:id:minaya8859:20201122075823j:plain


おはようございます、渚です!

 

 

 

現在、私は24歳で

インターネットを使ったビジネスをしています。

そこで月30万円ほど安定して稼いでいるわけですが、

 

 

 

 

インターネットを使ったビジネスって

結局、いろんなビジネスに応用できるわけなので、

その分、他のビジネスをやっている方たちとの

交流もたくさんあります。

 

 

 

その中で思うのが、

やはり

勝てるジャンルをやるのが正攻法だな。

ということ。

 

 

 

 

 

 

 別に私が他の人たちよりも優れている部分が

あるかと言われたらそんなものはありません。

 

 

 

 

この前、自分の卒業した高校の偏差値を見てみたら

なんと36でした。

 

進学した大学も、地元でちょっと就職に強いと

言われている普通の大学です。

 

 

 

 

でも、今普通に勝てている。

勝てているから、大半の同い年の人たちよりも

自由な生活を送れている。

 

 

 

実業やっている人や起業家さんよりも

稼いでいる。

 

 

 

 

もちろん、ネットワーカーみたいな

ビジネスマンたちよりも。

 

 

 

 

 

適切な努力をすれば

人生で早めに、楽な生活を送ることは

可能です。

 

 

 

 

確実に。

 

 

 

 

ということで、今回は

ここら辺の話をしていきたいと

思います。

 

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

 

 

❀お金を稼ぐ=交換

 

f:id:minaya8859:20201122075951j:plain

 

 

 

今回は、主にビジネスをメインに

お話していこうと思いますが、

そもそもお金を稼ぐというのは

価値の交換です。

 

 

 

 

 

『お金』というのは、

実際にはただの紙切れであったり、

コインでしかないんです。

 

 

 

 

 

1万円なんて、1枚作るのに

30円しかかからないんですよ?

 

 

 

 

言ってしまえば、1万円札には30円の価値しか

ないわけです。

 

 

 

 

 

お金自体を重宝する方が結構多いようですが

本来、価値を得るためのツールなので

ここら辺は頭に入れておいてほしい。

 

 

 

 

 

そして、お金をもらうということは

何かしらの価値を交換することなんですが、

この交換を上手く出来る人間がお金持ち

なわけです。

 

 

 

 

 

何かとビジネスをするっていうと

難しく考える人が多すぎる。

 

 

 

 

 

交換が上手くできれば何でもいいんです。

 

 

例えば、私は学生時代の約10年間卓球をしていました。

 

実力的には県大会レベルなので、

全国レベルの人たちに教えるなんてことは

もちろんできませんが、

初心者の人たちに基礎から応用技術まで教えられる

ある程度の知識は持っています。

 

 

フォアハンドやバックハンドの打ち方、

対カットマンへの戦略などの知識は持っているわけなので、

これから卓球を始めるという人や

それそこ友達なんかにも教えていました。

 

 

 

 

こうやって、卓球に関わりたい誰かにとっての

価値となるものを提供したら

その対価として差し入れを頂いたりしていました。

 

 

 

 

それが大人になってくれば

差し入れではなくお金に換わる

ということなんです。

 

 

 

 

❀できることを見つける

 

 

f:id:minaya8859:20201122080303p:plain

 

 

 

今の話からも分かるように

価値を与えるというのは

 

 

 

 

自分が出来て

相手にはできないことを

与えてあげることでいいんです。

 

 

 

 

別に、飛びぬけたものがないから

価値を与えることが出来ないかと言ったら

それはNOです。

 

 

 

価値があるかというのは

受け取った相手、

つまりお客様本人が決められることです。

 

 

 

 

だから、

お金を稼ぐというのは

とても簡単です。

 

 

 

 

だって、始めは

自分が出来る範囲のことを

やるだけですから。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

一番分かりやすい例として

不用品転売。

 

 

 

 

 

 

私がビジネスを始めたころは

物を多く持ちすぎてしまう人でしたが

すっきりとした部屋で暮らしたいと思って

あらゆるものを断捨離し、それらを売っていました。

 

 

 

結果、凄く部屋がすっきりして

爽快感に溢れていたのを今でも覚えている…

 

 

 

1、2万円ほどが自分に返ってきたので

それを自己投資として教材代に

充てていました。

 

 

 

 

 

そうやって、自分にできることをやって

とにかくお金を集めて

そのお金を投資に充てて

自分のできる範囲を広げていく。

 

 

 

 

これをひたすら繰り返していけば、

ビジネスにおいて数十万とか数百万円稼ぐというのは

絶対に可能なんです。

 

 

 

 

お金を稼ぐと言いうのは

そういうことです。

 

 

 

 

 

まずは、

自分のできる範囲のところで

価値を交換していって、お金を稼いで

そこで稼いだ元手を自己投資に充てて

範囲を広げていく。

 

 

 

 

これを徹底してください。

 

 

 

❀上に行けば行くほど勝てる場所を見つけよう

 

f:id:minaya8859:20201122080654j:plain

 

 

そうやって

自己投資に充てていって

出来る範囲を広げていくプロセスを

ひたすら踏んでいくわけですが、

 

 

ただ、どの分野においてもそうで

上に行けば行くほど

自分がそれだけ無力かを

実感します。

 

 

 

学校の部活の中では

ぶっちぎりの1位であっても

県大会や全国大会に行けば

予選突破すらできない。

 

 

 

そんなことザラにあります。

 

 

 

私自身も卓球で地区予選は必ず

突破していましたが、

県大会にいくと大体2回戦敗退。

 

中学と高校の6年間で県大会以上に行けたのは

たったの1回だけでした。

 

 

 

毎年全国に行くような相手と試合をしたとき

『この人に勝つには今の何百倍も練習しないと…』

と思うくらい、圧倒的な差があったんです。

 

 

 

 

それでも

部長だってしたし

チームのエースとして

団体戦にも出ていました。

 

 

 

その結果というのは事実ですし、

この経験のおおかげで私は自信がつきました。

 

 

 

 

ここから伝えたいのは、

 

どんなに上を見上げても

絶望が待っているだけなので

自分の勝てるフィールドで戦う

頭を使え

 

ということ。

 

 

 

 

世界を見渡しても

上を見上げても

勝てない人には勝てません。

 

 

 

 

仮に私が、孫正義さんと戦って勝てるか

といったら、確実に不可能です。

 

 

 

もしかしたら、

継続していればいつかは勝てるかもしれないけど、

今の段階で同じフィールドに立ったとしても

成果や実績というのは生まれないんです。

 

 

成果が出なければ

やる気もそがれますし

そもそも生活だってできなくなってしまう。

 

 

なので、

スキルを付けたとしても

それを適切に使って

どこで勝つか?を考えましょう。

 

 

 

 

どうして何も持っていない社会人が

インターネットを使って月30万円ほど稼いでいるかというと

勝てるフィールドを選んでいるからなんです。

 

 

 

もともと持っていたものなんて

乏しいです。

 

 

 

さっき言った卓球だって

それをビジネスに生かせるかと言ったら

そんなことはありません。

 

 

 

 

ラリーしてたらお金が稼げるかなんて言ったら

当たり前ですがそんなことはないわけです。

 

 

 

つまり私は、

持っている武器を最大限活用して

その武器を持っていない人の代わりに

敵を倒す。

 

 

というような価値提供しか

していないんです。

 

 

 

私の知っている範囲の知識を

知らない人に教えて

感謝されてお金が生まれている

というわけです。

 

 

 

 

 

❀できることだけでいいなら、誰でも出来ませんか?

 

f:id:minaya8859:20201122080942j:plain

 

 

 

まとめると、一番伝えていきたいのが

だれでもお金は稼げる

ということ。

 

 

 

 

それも、労働収入ではなく権利収入

つまり不労所得的なものです。

 

 

 

 

私が今現在お金が入る瞬間は

ほぼほぼ日常生活を送っているときです。

 

 

 

 

 

この前も、本を買おうと思って

本屋さんで立ち読みしていたら

2万円とか入ってきました。

 

 

 

 

『怪しい…』と思う方もいるでしょうし

その気持ちも凄く分かります。

だって、私自身も始めたころは思ってましたから。

 

 

 

でも、不労所得が入ってくる仕組みって

明確に説明できますか?

 

 

 

 

 

もし説明できないのであれば

非常にもったいないなと私は思います。

 

 

 

 

だって、それを知らないだけで

“あなたの道を狭めていないですか?”

という。

 

 

 

 

実際、私はそういった仕組みに関して

YouTubeで学びました。

 

 

 

お金を払わずとも

不労所得の仕組みを知るだけなら

誰でも情報を得られる時代になっています。

 

 

 

 

知らないだけで人生損することって

沢山あります。

逆に言えば、知っていることが多い人間ほど

この世の中では勝ち組です。

 

 

 

 

 

あなたがこの記事を読み終わった後

どんな行動をするかは

私にはわかりませんが、

 

 

 

 

 

これだけは言えます。

 

自分のできることで

勝負するだけなら

誰でもできませんか?

 

 

 

 

 

この記事を通して、

あなたの未来が少しでもいい方向に

変われば幸いです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

何事も本質を学べ

f:id:minaya8859:20201120224216j:plain




こんばんは、渚です。

 

 

 

 

 

今回は、本質の大切さについて

お話していこうと思います。

 

 

 

 

と言っても、あなた自身もこれまで

『本質が大事だ』

と、散々言われてきたのではないでしょうか?

私は、一時期大学院に通っていましたが、

教授や先輩から口酸っぱく言われました🍋

 

物事の表面だけを理解しても、

そこからの成長や更なる理解に

繋げることが出来ません。

 

 

 

 

改めて、本質ということに関して

学術的視点からお話しするとともに

私自身の経験や持論も織り交ぜていきたいと思います。

 

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

 

 

 

現象学から“本質”に迫る

 

f:id:minaya8859:20201120224041j:plain

 

 

 

あなたは、現象学という学問を

ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

ドイツ人哲学者、フッサールを筆頭に

広まった学問です。

 

 

 

 

 

マイナーな学問分野なので、

知らない人のほうが多いかも。

 

 

 

 

この学問を学ぶことで

【本質とは何か】

という問いに適切に答えることが

出来るかと思います。

 

 

 

 

 

これまた難しい学問ですし、

私も全てを網羅しているわけではないので

今回も必要な部分だけを書き出しますね。

 

 

 

 

 

現象学とは、簡単に言えば

『普段意識しないことに目を向ける。

当たり前に問いを投げかける』

という学問です。

 

 

 

 

 

 

哲学自体がそういった学問ですが、

それよりもっと現実的な話になっています。

 

 

 

 

例えば、

多くの人は車や自転車を運転する時、

何も意識せずに操作をすると思います。

 

 

 

 

無意識に操作して、

意識はもっと他の部分、

例えば歩行者の確認などに向けますよね。

 

 

 

 

 

いつもは当たり前すぎて

そんなこと考えないですが、

改めて考えるとすごいと思いませんか?

 

 

 

 

アクセルを踏んだり、

車間距離が近くなったらブレーキを踏んだり。

 

いろんな操作を無意識レベルで行っている。

 

 

 

 

 

こんな風に、現象学では

いつも当たり前すぎて考えないことについて

改めて考える学問ということです。

 

 

 

 

そして、現象学には、

核となる考え方があります。

 

 

 

 

 

それが、

この世の一切は流れている

というもの。

 

 

 

 

 

私たちが生きているこの世界は

基本的に常に流れている、ということです。

 

 

 

 

どういうことか?

 

 

 

 

私たちは

いろんな経験や認識をして、

その中でたくさんのものを見て、

いろんな変化に応じてその都度解釈を変えています。

 

 

 

 

いまいちピンとこないかもしれないので

想像してみてほしいのですが、

 

 

 

例えば、

始めて会ったときは凄く不愛想で印象が悪かったけど、

その後一緒にいる中で相手へのいろんな気付きがあり、

最終的にすごくいい人だとわかる

といった経験ありませんか?

 

 

 

このように、

私たちは経験を通して

いろんな物事に対する変化に

対応しているんですよね。

 

 

 

 

 

さらに身近な例でいえば、

あなたが公園で散歩しているところを

想像してみてください。

 

歩いている公園の木に一羽のハトが止まっています。

 

あなたはハトを見ながら歩いているのですが、

歩く途中、いろんな木々が邪魔をして

ハトが見えたり見えなかったりします。

 

 

 

 

こんな風に、流れの中で

いろんな認識の仕方があり、

変化の中で生きているんです。

 

 

 

 

また、流れているという意味でいうと、

私たちの視界に関しても

不思議な世界が広がっています。

 

 

 

 

人間は、固視微動という機能を持っています。

 

 

 

これはどういうものかというと、

簡単に言えばブレ補正です。

 

 

 

カメラなんかも手ブレ補正をするために

レンズが高速で動いたりしますが、

人間にもこの機能がついているんです。

 

 

 

 

人間は、

意識的には絶対に不可能なスピードで

目を小刻みに動かし、いろいろなものを見ています。

 

 

 

試しに、

全力で目を左右に動かしてみてください。

そして、それを録画してください。

 

 

その後、自然と鏡を眺めてみてください。

それも録画してみてください。

 

 

 

 

 

結果は、歴然です、

故意的には絶対にできない速さで

目が動いているんですね。

 

 

 

 

逆にこの固視微動の機能が無くなったら

どうなるかわかりますか?

 

 

 

 

今まで見えていたものが

見えなくなる

 

 

という現象が起きます。

 

 

 

人の話を聞いているときも

私たちは目だけを見ているようで

実は高速で鼻や口、眉毛、髪の毛など

いろんな部分を見て、初めて顔だと認識しています。

 

 

 

 

 

現象学が見出すこの世の中というのは

『この世の一切は流れている』

ということです。

 

 

 

 

今は分からなくても、

この言葉だけでも頭の片隅に

いれておいてください。

 

 

 

 

しかし、それならこの世の中は

全部が常に動いているのか?

と思われるかもしれませんが、

そうではありません。

 

 

 

 

感の良い方は気付いたかもしれませんが、

ここに今回の話の肝が隠されているんです。

 

 

 

 

 

❀流れの中で動いていないものが本質

 

f:id:minaya8859:20201120224518j:plain

 

 

世の中は基本的に流れの中で成り立っている

現象学では考えられますが、

その中でも

 

流れていないもの

動いていないもの

 

というのが存在します。

 

 

 

 

 

それこそが、本質なんです。

現象学的観点からお話しすると

いろんな学者の方からアンチコメントを頂きそうなので

この辺でやめますが、

不変というものが存在します。

 

 

 

そして、厄介なことに

こういった流れていないものって

本当に気付きにくいんですよね。

 

 

 

 

普段は当たり前のようにあるから、

普段は意識していないから、

どうしても忘れてしまう。

 

 

 

 

たとえば、

私たちはこの世の中が存在していることを

前提にほとんど話をしていますが、

なんでこの世が存在しているの?

と言われたら、何とも言えない気持ちになりませんか?

 

 

 

 

もう分解ができないレベルにまで、理由などなく、

『それはそれだから』という感じで説明するのが

本質です。

 

 

 

そういった意味では、

本質というのは

法則、定義、公式、流れなどに

言い換えられるかもしれません。

 

 

 

 

数学でも、

まず定理や公式を覚えないと

解けないですよね。

 

 

 

それと同じで、本質というのを知らないと

いくら努力しても無駄に終わってしまうんです。

 

 

 

 

 

❀【本質】という言葉、誰が作ったか知っていますか?

f:id:minaya8859:20201120224845j:plain

 

 

この見出しは後付けしたものなので、

本文とは少しずれてしまうかもしれませんが、

ご了承ください。

 

 

 

 

少しややこしい話になるかもしれませんので、

興味のある方だけ読み進めて頂けたら幸いです。

 

 

 

 

 

あなたは、【本質】という言葉が

誰によって作られたか知っていますか?

 

 

 

 

私自身も最近知ったのですが、

実はあの古代ギリシャの哲学者アリストテレス

が作った言葉なんだそうです。

 

 

 

アリストテレスがいう本質にも

さまざまな説があるとされているので

これが正解というのは言えませんが、

私が『なるほど』と納得した説を

ご紹介します。

 

 

 

 

本質というのは、

現代の英語で“essence”などと表しますが、

この語源はギリシャ語の“essentia”という言葉です。

 

※ちなみに、アリストテレスの師匠であるブラトンは

このことをイデアと呼んでいました。

 

 

 

 

本質とは

それを失ってしまったら、

あるものがあるものでなくなるもの

です。

 

 

 

ややこしいですね。。

分かりやすい例でいうと、

 

 

机を想像してみてください。

人によって形や大きさ、

デザインは違うと思いますが、

机と聞いて想像するものはあまり大差ないと思います。

 

 

 

 

その机を形成している要素は

沢山あると思いますが、

そのいろんな要素を一つ一つ取り除いていったとき

途端に机が机ではなくなってしまう要素。

 

 

 

それが本質です。

 

 

 

だから、

本質というのは

それが失われてしまったら

それがそれではなくなってしまう

んですよ。

 

 

 

 

机に本質があったら、

その本質が無くなってしまうと

机が机ではなくなってしまうという感じ。

 

 

 

 

なんとなく伝わったでしょうか?

少し想像力が必要ですが、

これが本質の起源です。

 

 

 

 

 

このことから、本質というのは

『変化したときに初めて、本質は生まれる』

ということが分かります。

 

 

 

 

 

ですので、

逆に言えば変化しないものには

本質はないともいえるんですね。

 

 

 

 

 

先ほどの現象学のところでも出てきましたが、

やはり流れの中、変化の中に

不動の存在としているのが本質。

 

 

 

逆に、その不動の存在がなくなると、

そのものではなくなるといった感じですね。

 

 

 

 

 

ビジネスで稼ぐための本質を学んで実践しないと、

それはある意味ビジネスですらないことをしている

ことになっているわけです、

 

 

 

ビジネスで稼ぎたいのに

そもそもビジネスしてなかったら

稼げるわけがないですよね。

 

 

 

 

そして、ここからモチベーション系の話に繋げますが…

 

 

 

 

❀本質を知らないまま突き進んでも無駄に終わるだけ

f:id:minaya8859:20201120225104j:plain

 

 

本質を知らないままに

がむしゃらに努力する方が多いような気がしますが

それでは時間の無駄です。

 

 

 

 

さっき見たように、本質からずれていることを

しているということは、

もう既に目指しているゴールや目的が

変わって居いるということになります。

 

 

 

 

目指している目標の、

自分が勝負している舞台の本質とは

違うことをしていたら、

それは無駄に終わってしまいますよね。

 

 

 

 

 

あなたの目指している道が、

ビジネスで成功させることではなくても、

ぜひ何かに志を持って挑むときは

必ず本質を理解してから勝負に挑んでください。

 

 

 

 

そうしないと、

戦う場所がそもそも違って

勝負にならなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

今回もパッと思いついたことを記事にしてみましたが

いかがだったでしょうか。

 

 

 

 

 

何か気付きなどございましたら、

ぜひコメントをください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

プライドがどうしても消えない方へ

f:id:minaya8859:20201119021533j:plain

 


こんばんは、渚です。

 

 

 

今回は、プライドが高くて、

他人に指摘されたらイラっとしたり、

不貞腐れてしまうような方へのお話です。

 

 

 

 

この記事自体、プライドが高い人にとっては

かなり図々しいかもしれません。

 

 

 

それでも、この記事を開いてくださった方。

 

 

 

本当に、ありがとうございます。

 

 

 

 

きっと、自分の中では自覚していて、

本当は直したいと思っているのではないでしょうか。

 

 

 

この記事を通して、

きっとあなたの悩みも軽くなると思います。

 

 

実際、私自身も軽くなりましたから。

 

 

また、今回の記事に出てくるプライドの高い人というのは、

以前の私を想定しているので、

言い切った形をしているのは、そういった理由からです。

 

 

 

自分に言い聞かせるためにも、

今回はお話させてください。

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

❀他人に痛いところを突かれた時の本当の心情

 

f:id:minaya8859:20201119021647j:plain

 

 

プライドが高い人は、

他人に自分の痛いところを突かれると

本気でイライラします。

 

 

 

 

そして、

いつまでもそれを根に持ち、

ずっと気分が落ち込んでいます。

 

 

 

 

ですが、それって実は

いい方向に進むチャンス

というか、

ちゃんと意識できているからこそなんですよね。

 

 

 

 

 

他人に痛いところを突かれる。

 

 

 

 

この突かれている箇所というのは、

実はあなたが

心から望んでいる、

目指している姿・状態

なんです。

 

 

 

 

 

きっと、振り返ってもらったら

ほとんどがそうではないでしょうか。

 

 

 

学生時代の反抗期なんかもそうですよね。

 

 

 

親に痛いところを突かれる、怒られる。

 

 

 

 

凄くイライラするんですが、

本当は心の奥深くで

それを実行できている自分を

望んでいたりする。

 

 

 

 

逆に自分が気にしていないことなんて、

何を言われても痛くもかゆくもないんですよね。

 

 

 

 

だから、

もしあなたが他人に痛いところを突かれて

イライラしたときは、一度冷静になって、

 

「あ、自分って本当はこの姿になりたいんだな」

「成長できるな」

 

といった感じで、

前向きに考えてみてください。

 

 

 

 

 

❀語りえないことは、人は沈黙しなければならない

f:id:minaya8859:20201119021840j:plain

 

 

見出しの言葉は、

ヴィトゲンシュタインという哲学者の

言葉なんですが、

 

 

 

この言葉の意味通り、

私たちは本来、自分の知らないことに関して

無駄口を叩いてはいけないと思うんです。

 

 

 

 

でも、不思議なことに

人間かなり無駄口を叩いてしまうんですよね。

 

 

 

 

最近だと、SNSで顕著にみられますが、

大きな夢を掲げている人に対して

「お前には無理だよ」みたいな

批判的な言葉を投げかける人。

 

 

 

 

 

これは、本当によくない。

 

 

 

 

 

でも、現実問題、人間は気付かないうちに

そんなことを平気で口にしてしまうんです。

 

 

 

 

 

私も、

こういった情報発信をする身ですので、

批判はいただきます。

 

 

 

 

 

知人や家族でさえ、

自分が今やっていることを伝えると、

 

 

「ネットなんて怪しいからやめときなよ」

 

とか

 

「現実的に無理でしょ~。

世界広いし、そんなに有名にはなれないでしょ?」

 

といった感じで、応援されることは少ないです。

 

 

 

 

もの凄く悲しくなりますが、これはしょうがないです。

 

 

 

 

だって、人間の心理だから。

 

 

 

 

私も、情報発信という

自分がやりたいことを始めてからは、

言葉には気を付けるようにしていますが、

 

 

 

 

もしかしたら、

他人を批判するような態度を

知らず知らずのうちにとってしまっているかも

しれません。

 

 

 

でも、裏を返せば、

相手はそこまで深く思って言っている場合は

少ないです。

 

 

 

 

なので、仮に

理不尽な他人の声をもらっても

それはスルーしましょう。

 

 

 

 

このイライラの形態は、

前半で述べていた痛いところを突かれて

イライラするのではなく、

 

 

 

自分のアイデンティティを傷つけられて

イライラしてしまう形態なので

気にせず前に進みましょう。

 

 

 

 

❀どうしても直せないなら、直さなくていい

f:id:minaya8859:20201119022120j:plain

 

 

今までプライドを捨てきれずに生きてきたから、

どうしても直せない…。

 

 

 

 

そういう方もいるのではないでしょうか。

別に、無理して直さなくてもいいんです。

 

 

 

 

プライドが高い人というのは、

ある意味、意識は高いです。

 

 

 

 

 

自分自身を上の存在だと認識しているので、

今高い位置だと思っているのであれば、

それを維持する。

 

 

 

 

 

もっともっと上に行ける、

自分なら行ける!

という人であれば、尚更です。

 

 

 

 

こういうタイプの人は、

逆にプライドのおかげで

もの凄く努力したりします。

 

 

 

 

 

その努力の先では、必ず高い壁にぶち当たります。

 

 

 

 

自分なんかより、とんでもなく凄い人が

目の前に現れます。

 

 

 

その人間に出会えたなら、もう大丈夫。

 

 

 

なぜか。

 

 

 

それは、その人間を超えるためには

まずその人間を認めないといけないから。

 

 

 

その人間の強さを知り、弱さを知り、

どうやったら超えられるか。

 

 

 

それを考えるためには、認めないといけません。

 

 

 

 

そして、認めるということは、

相手を尊敬・尊重しているのと同じことですから、

もうその状態になったなら

自然とプライドというのは消え去っていきます。

 

 

 

 

しかし、このタイプはプライドが高いかつ

死ぬほど負けず嫌いでないといけません。

 

 

 

負けず嫌いでないなら、

目の前に現れた凄い人間のことを

 

『あの人は、凄い。

育ってきた環境も全然違うから別だ。』

 

という感じで、あっという間に終わってしまいます。

 

 

 

 

プライドを消したいけど消せない

という方は、

志を高く持ち、目標や夢を持って、

何度も壁にぶち当たりましょう。

 

 

 

 

 

壁にぶつかれば、

知らぬ間に自信も実力もついてきます。

 

 

 

 

 

私も、情報発信という世界を知り、

今までいろんな壁にぶち当たった末、

今ではいろいろな部分で成長が出来ました。

 

 

 

 

 

もしかしたら、他の人から見れば

ちっぽけな成果かもしれませんが、

これが自信につながり

継続になっています。

 

 

 

 

 

 

 

今回はパッと思い付きで書いたので、

いろいろおかしい点があるかもしれませんが、

 

プライドが邪魔をして生きずらい

 

という方が少しでも楽になれば幸いです。

 

 

 

 

それでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

え、今時ブログ…?

f:id:minaya8859:20201119012908p:plain

 

 


こんばんは、渚です。

 

 

 

ブログなんて、誰も読まなくない??

 

 

 

 

こんなこと、

一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

実際、

SNSにしても

Instagramなどの写真や

YouTubeなどの動画系のほうが

ユーザーは多いです。

 

 

 

 

 

そんな中で

長い文章のブログって

使う人いるんですか?

というお話ですが、

 

 

 

全然使います。

 

 

 

 

 

使う、というよりも

そもそもブログを使う目的をはき違えている方が

多いような気がするので

そのあたりの話をシェアしていきたいと思います。

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

❀ブログは○○の手段でしかない

f:id:minaya8859:20201119013017p:plain

 

 

冒頭でも言ったように、

時代が流れるにつれて

だんだんと文字から映像へと

切り替わっています。

 

 

 

 

 

ですが、それでも私は

ブログの更新頻度を上げています。

 

 

 

最近では、

2日に1記事は上げるようになりました。

 

 

 

 

 

これでも本当は少ないので、

もっともっと更新頻度を上げていこうと

思っています。

 

 

 

 

 

その理由はいたってシンプルで、

ブログは

集客に使う手段でしかないからです。

 

 

 

 

『ブログ』というと

広告収入で稼ぐイメージが強いかもしれませんが、

それだけだと正直、生活するのは難しいです。

 

 

 

 

もちろん、しっかりとSEOをかけて、

検索エンジン上位表示できるのであれば

広告収入だけでで数百万円とか

いくかもしれませんが、

 

 

 

 

今、SEOで戦っても

勝てません。

 

 

 

 

基本的に今SEOで勝てるのは

企業単位で動いていくか

もの凄く弱い市場で戦うしか

ありません。

 

 

 

 

 

ですので、ある意味では、

SEOはオワコンだけど

ブログはオワコンじゃない

と言っても分かりやすいかも。

 

 

 

 

 

 

❀コンテンツは複数作る

f:id:minaya8859:20201119013157j:plain

 

 

 

そもそも、ブログで稼ごうと思っている方々は

きっと今の収入だけでは厳しいと思ったきっかけがあったから

始めようと思ったのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

脱サラしたいとか、

脱アルバイトをしたいとか、

本業続けながらも収入源は増やしたいとか。

 

 

 

 

 

それなら、やっぱり目的を

はき違えないようにしてほしいんです。

 

 

 

今の収入に依存している状態に

危機感を覚えてやり始めたと思うんです。

 

 

 

 

『このまま会社に依存してて大丈夫なのかな?

会社なんて、いつリストラされるか分からないのに…。』

 

 

 

という感じで。

ちなみに、私がこのビジネスを始めたきっかけは、

上記のような理由でした。

 

 

 

 

そして実際、終身雇用は厳しいと

経団連の中西会長を始めとして、

多くの方が公表しています。

 

 

 

 

 

パナソニックなどの大企業も

2010年~2015年の5年間で

約1万3000人のリストラを行っています。

 

 

 

 

 

だから、危機感を覚えるのは

とっても大事。

 

 

 

 

だからこそ、

収入を増やすという目的をはき違えないで

欲しいなと思っています。

 

 

 

 

 

あなたがブログを始めた理由は、

ブログを書きたかったからですか?

 

 

 

 

 

本当に趣味程度で始めたのであれば

全然かまわないのですが、

 

 

 

本気で収入を増やしたいと思って

ブログという世界に入ったのなら

今一度、広く視野を持ってほしいなと思っています。

 

 

 

 

 

たぶん、ブログで稼げるという情報を知ったきっかけは

どこかしらのブロガーさんではないかと思いますが、

 

 

 

 

本当に稼いでいるブロガーほど

広告収入には頼っていません。

 

 

 

 

広告収入だって、

何かに依存している状態と変わらないので。

 

 

 

 

 

アドセンスがなくなったらどうする?

ASPが使えなくなったらどうする?

そもそも審査に通らなかったらどうする?

 

 

 

 

もう、手も足も出ませんよね。

 

 

 

 

 

そうではなく、何かに依存せず

自分でコンテンツを作り

それを販売できるようにしましょう

 

 

 

 

 

それが

真に会社に依存しない働き方

です。

 

 

 

 

 

ネットの業界で

実績を残している方々は

100%と言ってもいいほど

自分の商品を持っています。

 

 

 

 

 

これは、商材とかに限らず、

オンラインサロンや有料メルマガ、セミナー

などもそうです。

 

 

 

 

 

ブログの広告収入だけで

食べていこうとするのは

正直危ない、というか

 

 

 

 

せっかくネットの素晴らしい世界に入ったんだから

もっと勉強していろんなコンテンツを作ってほしいんです。

 

 

 

 

ブログ、SNSYouTube、メルマガ、LINE@

他にもたくさんのコンテンツ媒体がありますから

それを最大限活用しましょう。

 

 

 

 

 

❀初めはPUSH!!

f:id:minaya8859:20201119013549p:plain

 

 

 

ですが、最初に作るコンテンツって

どんなものがいいの?

という疑問が出てきますよね。

 

 

 

 

さっきも言ったように、

コンテンツ媒体はたくさんあります。

 

 

 

 

 

結論から述べてしまうと、

PULL型のコンテンツを30%作ったら、

PUSH型のコンテンツを70%作る

というスタンスがいいです。

 

 

 

 

 

例えば、

ブログを20記事書いた後に

商品を1つ作る(PULL30%)

 

 

 

 

その後のほとんどは

Twitterでどんどん集客していく。

(PUSH 70%)

 

 

 

 

 

 

私にとって

自分で収入源を作るというのは

 

 

どれだけ最速で1円でも稼げるか?

 

 

だと思うんです。

 

 

 

これは、私が沢山の本からも学んだことで、

お金を稼ぐためにブログやメルマガ、

SNSでの情報を発信するんだと思います。

 

 

 

その過程で、

ブログを更新することとか

メルマガを作ることとかって

新鮮なことなので、小さな成功体験になって

自身には繋がるんですが…

 

 

 

やっぱり、それだけだと限界があります。

 

 

 

お金を稼ぐという一番大きなゴールがある中で、

これが出来ないと本当にモチベーションが下がってしまう。

 

 

 

 

だから、収益化にコミットするために

始めはPUSH型、つまり自分から価値を提供していく

というスタンスが大事になります。

 

 

 

本当に、何か月もブログ書いて見たり、

沢山の本を読んでも、

全く収益に繋がらなかったら

結構落ち込みます。

 

実際、私も経験して、自分に自信を無くしたし、

ビジネスは諦めていました。

 

 

 

そこからあるきっかけで

ビジネスを改めてスタートさせて

始めてから2か月という期間で収益化をして

一気に収益を上げていきました。

 

 

 

現在24歳ですが、

月収30万円は安定して稼いでいます。

 

 

 

 

 

私は、最初はPUSH型のビジネスでしたが、

今ではほとんどPULL型です。

 

 

 

ですので、何もせずとも

買い物をしている途中で商品が売れたりもします。

 

 

 

 

「あ、売れた。」

となった後に

お客様に感謝のメールや電話をして

その後のサポートをしっかりと行っていく

というくらいです。

 

 

 

 

サポートも、

基本的に元々の作ってあるコンテンツだったり

それこそ電話で直接アドバイスをするとかなので

そっちのほうが逆に楽だったりもします。

 

 

 

 

なぜかというと、

伝えたいことを一気に伝えられて、

その分、相手のスキルが上がって

サポート要らずの人材になったりするから。

 

 

 

そんな感じで、

半年から1年くらいあれば

PILL型にできるので

 

 

 

それまではとにかくPUSH型で

価値を提供していって

収益を上げていきましょう。

 

 

 

 

 

どうせやるなら、

最短でお金を稼ぐことを

お勧めします。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。