何事も本質を学べ

f:id:minaya8859:20201120224216j:plain




こんばんは、渚です。

 

 

 

 

 

今回は、本質の大切さについて

お話していこうと思います。

 

 

 

 

と言っても、あなた自身もこれまで

『本質が大事だ』

と、散々言われてきたのではないでしょうか?

私は、一時期大学院に通っていましたが、

教授や先輩から口酸っぱく言われました🍋

 

物事の表面だけを理解しても、

そこからの成長や更なる理解に

繋げることが出来ません。

 

 

 

 

改めて、本質ということに関して

学術的視点からお話しするとともに

私自身の経験や持論も織り交ぜていきたいと思います。

 

 

 

 

 

それでは、スタート!

 

 

 

 

 

 

 

現象学から“本質”に迫る

 

f:id:minaya8859:20201120224041j:plain

 

 

 

あなたは、現象学という学問を

ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

ドイツ人哲学者、フッサールを筆頭に

広まった学問です。

 

 

 

 

 

マイナーな学問分野なので、

知らない人のほうが多いかも。

 

 

 

 

この学問を学ぶことで

【本質とは何か】

という問いに適切に答えることが

出来るかと思います。

 

 

 

 

 

これまた難しい学問ですし、

私も全てを網羅しているわけではないので

今回も必要な部分だけを書き出しますね。

 

 

 

 

 

現象学とは、簡単に言えば

『普段意識しないことに目を向ける。

当たり前に問いを投げかける』

という学問です。

 

 

 

 

 

 

哲学自体がそういった学問ですが、

それよりもっと現実的な話になっています。

 

 

 

 

例えば、

多くの人は車や自転車を運転する時、

何も意識せずに操作をすると思います。

 

 

 

 

無意識に操作して、

意識はもっと他の部分、

例えば歩行者の確認などに向けますよね。

 

 

 

 

 

いつもは当たり前すぎて

そんなこと考えないですが、

改めて考えるとすごいと思いませんか?

 

 

 

 

アクセルを踏んだり、

車間距離が近くなったらブレーキを踏んだり。

 

いろんな操作を無意識レベルで行っている。

 

 

 

 

 

こんな風に、現象学では

いつも当たり前すぎて考えないことについて

改めて考える学問ということです。

 

 

 

 

そして、現象学には、

核となる考え方があります。

 

 

 

 

 

それが、

この世の一切は流れている

というもの。

 

 

 

 

 

私たちが生きているこの世界は

基本的に常に流れている、ということです。

 

 

 

 

どういうことか?

 

 

 

 

私たちは

いろんな経験や認識をして、

その中でたくさんのものを見て、

いろんな変化に応じてその都度解釈を変えています。

 

 

 

 

いまいちピンとこないかもしれないので

想像してみてほしいのですが、

 

 

 

例えば、

始めて会ったときは凄く不愛想で印象が悪かったけど、

その後一緒にいる中で相手へのいろんな気付きがあり、

最終的にすごくいい人だとわかる

といった経験ありませんか?

 

 

 

このように、

私たちは経験を通して

いろんな物事に対する変化に

対応しているんですよね。

 

 

 

 

 

さらに身近な例でいえば、

あなたが公園で散歩しているところを

想像してみてください。

 

歩いている公園の木に一羽のハトが止まっています。

 

あなたはハトを見ながら歩いているのですが、

歩く途中、いろんな木々が邪魔をして

ハトが見えたり見えなかったりします。

 

 

 

 

こんな風に、流れの中で

いろんな認識の仕方があり、

変化の中で生きているんです。

 

 

 

 

また、流れているという意味でいうと、

私たちの視界に関しても

不思議な世界が広がっています。

 

 

 

 

人間は、固視微動という機能を持っています。

 

 

 

これはどういうものかというと、

簡単に言えばブレ補正です。

 

 

 

カメラなんかも手ブレ補正をするために

レンズが高速で動いたりしますが、

人間にもこの機能がついているんです。

 

 

 

 

人間は、

意識的には絶対に不可能なスピードで

目を小刻みに動かし、いろいろなものを見ています。

 

 

 

試しに、

全力で目を左右に動かしてみてください。

そして、それを録画してください。

 

 

その後、自然と鏡を眺めてみてください。

それも録画してみてください。

 

 

 

 

 

結果は、歴然です、

故意的には絶対にできない速さで

目が動いているんですね。

 

 

 

 

逆にこの固視微動の機能が無くなったら

どうなるかわかりますか?

 

 

 

 

今まで見えていたものが

見えなくなる

 

 

という現象が起きます。

 

 

 

人の話を聞いているときも

私たちは目だけを見ているようで

実は高速で鼻や口、眉毛、髪の毛など

いろんな部分を見て、初めて顔だと認識しています。

 

 

 

 

 

現象学が見出すこの世の中というのは

『この世の一切は流れている』

ということです。

 

 

 

 

今は分からなくても、

この言葉だけでも頭の片隅に

いれておいてください。

 

 

 

 

しかし、それならこの世の中は

全部が常に動いているのか?

と思われるかもしれませんが、

そうではありません。

 

 

 

 

感の良い方は気付いたかもしれませんが、

ここに今回の話の肝が隠されているんです。

 

 

 

 

 

❀流れの中で動いていないものが本質

 

f:id:minaya8859:20201120224518j:plain

 

 

世の中は基本的に流れの中で成り立っている

現象学では考えられますが、

その中でも

 

流れていないもの

動いていないもの

 

というのが存在します。

 

 

 

 

 

それこそが、本質なんです。

現象学的観点からお話しすると

いろんな学者の方からアンチコメントを頂きそうなので

この辺でやめますが、

不変というものが存在します。

 

 

 

そして、厄介なことに

こういった流れていないものって

本当に気付きにくいんですよね。

 

 

 

 

普段は当たり前のようにあるから、

普段は意識していないから、

どうしても忘れてしまう。

 

 

 

 

たとえば、

私たちはこの世の中が存在していることを

前提にほとんど話をしていますが、

なんでこの世が存在しているの?

と言われたら、何とも言えない気持ちになりませんか?

 

 

 

 

もう分解ができないレベルにまで、理由などなく、

『それはそれだから』という感じで説明するのが

本質です。

 

 

 

そういった意味では、

本質というのは

法則、定義、公式、流れなどに

言い換えられるかもしれません。

 

 

 

 

数学でも、

まず定理や公式を覚えないと

解けないですよね。

 

 

 

それと同じで、本質というのを知らないと

いくら努力しても無駄に終わってしまうんです。

 

 

 

 

 

❀【本質】という言葉、誰が作ったか知っていますか?

f:id:minaya8859:20201120224845j:plain

 

 

この見出しは後付けしたものなので、

本文とは少しずれてしまうかもしれませんが、

ご了承ください。

 

 

 

 

少しややこしい話になるかもしれませんので、

興味のある方だけ読み進めて頂けたら幸いです。

 

 

 

 

 

あなたは、【本質】という言葉が

誰によって作られたか知っていますか?

 

 

 

 

私自身も最近知ったのですが、

実はあの古代ギリシャの哲学者アリストテレス

が作った言葉なんだそうです。

 

 

 

アリストテレスがいう本質にも

さまざまな説があるとされているので

これが正解というのは言えませんが、

私が『なるほど』と納得した説を

ご紹介します。

 

 

 

 

本質というのは、

現代の英語で“essence”などと表しますが、

この語源はギリシャ語の“essentia”という言葉です。

 

※ちなみに、アリストテレスの師匠であるブラトンは

このことをイデアと呼んでいました。

 

 

 

 

本質とは

それを失ってしまったら、

あるものがあるものでなくなるもの

です。

 

 

 

ややこしいですね。。

分かりやすい例でいうと、

 

 

机を想像してみてください。

人によって形や大きさ、

デザインは違うと思いますが、

机と聞いて想像するものはあまり大差ないと思います。

 

 

 

 

その机を形成している要素は

沢山あると思いますが、

そのいろんな要素を一つ一つ取り除いていったとき

途端に机が机ではなくなってしまう要素。

 

 

 

それが本質です。

 

 

 

だから、

本質というのは

それが失われてしまったら

それがそれではなくなってしまう

んですよ。

 

 

 

 

机に本質があったら、

その本質が無くなってしまうと

机が机ではなくなってしまうという感じ。

 

 

 

 

なんとなく伝わったでしょうか?

少し想像力が必要ですが、

これが本質の起源です。

 

 

 

 

 

このことから、本質というのは

『変化したときに初めて、本質は生まれる』

ということが分かります。

 

 

 

 

 

ですので、

逆に言えば変化しないものには

本質はないともいえるんですね。

 

 

 

 

 

先ほどの現象学のところでも出てきましたが、

やはり流れの中、変化の中に

不動の存在としているのが本質。

 

 

 

逆に、その不動の存在がなくなると、

そのものではなくなるといった感じですね。

 

 

 

 

 

ビジネスで稼ぐための本質を学んで実践しないと、

それはある意味ビジネスですらないことをしている

ことになっているわけです、

 

 

 

ビジネスで稼ぎたいのに

そもそもビジネスしてなかったら

稼げるわけがないですよね。

 

 

 

 

そして、ここからモチベーション系の話に繋げますが…

 

 

 

 

❀本質を知らないまま突き進んでも無駄に終わるだけ

f:id:minaya8859:20201120225104j:plain

 

 

本質を知らないままに

がむしゃらに努力する方が多いような気がしますが

それでは時間の無駄です。

 

 

 

 

さっき見たように、本質からずれていることを

しているということは、

もう既に目指しているゴールや目的が

変わって居いるということになります。

 

 

 

 

目指している目標の、

自分が勝負している舞台の本質とは

違うことをしていたら、

それは無駄に終わってしまいますよね。

 

 

 

 

 

あなたの目指している道が、

ビジネスで成功させることではなくても、

ぜひ何かに志を持って挑むときは

必ず本質を理解してから勝負に挑んでください。

 

 

 

 

そうしないと、

戦う場所がそもそも違って

勝負にならなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

今回もパッと思いついたことを記事にしてみましたが

いかがだったでしょうか。

 

 

 

 

 

何か気付きなどございましたら、

ぜひコメントをください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。